Another 6話「Face to face-二人-」感想

Another 6話まとめ
榊原が転校してきたために、
 おまじないをすることになった
 (クラスに「いない者」をつくることになった)

の机だけ古い訳は
 決まりごとだから

③鳴が自分は死者ではないと
 言い切る訳は…不明

④鳴は母親の霧果に対して丁寧語を使う
 本当の母親ではない?

⑤榊原が「いない者」として扱われるようになった理由は
 「いない者」である鳴に話しかけるから。
 いまさら榊原が鳴と話すのを止めても…。
 おまじないを強くするために。
⑥鳴、4歳の時に左目に腫瘍ができたため
 手術して義眼に。義眼は母親が作ったもの。
 手術では死にかけたらしい。

⑦インドにいる榊原父によると
 榊原は1年半ぶりにヨミヤマへ来たという。
 結局、父親の記憶違い?

⑧鳴は美術部の後輩達には慕われている。
 後輩達は無視しない。

⑨図書室にいる千曳(ちびき)は「いない者」に対しても
 普通に接する。理由はクラスの関係者ではないから。
 千曳は26年前の3-3の担任だった。
 現象(3組の呪い)の影響を受ける関係者の範囲は
 ヨミヤマ市内にいる3組の構成員の二親等以内。
 ヨミヤマ市内にいなければ安全。

 「3-3の呪いを受ける可能性があるのは
 3組生徒本人、両親、祖父母、兄弟、担任、副担任」

⑩26年前に死んだのはヨミヤマ ミサキという男子
 5月のある夜に彼の家が全焼。両親と弟を含め全員死亡

⑪千曳はミサキが写った写真を見た。
 写真は持っていない。

⑫記録の改竄について

 72年度から26年分の名簿がある。死んだ者には×印。
 一昨年96年度の死者は浅倉麻美。死んだ者は7人。
 死んだ数が7人と少ないのは「いない者」対策を始めた年だから。
 2学期から「いない者」に選ばれたものが役割を放棄。
 それから現象がはじまった。

 浅倉麻美は93年度の生徒だった 
 一昨年の3月から昨年の4月までそうではなかった。
 千曳の記憶によれば一昨年の名簿には彼女の名前はあった。
 だが93年の名簿には名前が無かった。消えていた。
 現象が起きているときには何を調べても無駄。
 卒業式の日に死者が姿を消し、
 やっと全ての記録が本来の形に戻り、増えたもう1人がわかる。
 そして死者として現れていた彼女の記憶が失われていく。忘れてしまう。
 記録も記憶も元に戻る。
 
 現象に対して有効な対策は3組に「いない者」をつくるということ。
 成功率は半々。成功する年もあれば失敗する年もある。
 現象が始まれば、ほとんどない。
 
 3組で起こる現象は呪いではない。誰の悪意もない。
 ただ単にそれは起こる。台風や地震と同じ。

⑬一昨年の3-3担任は三神先生(今年、副担任)

⑭15年前の83年度はある年だった。
 叔母の怜子さんは3-3生徒で
 母の律子はヨミヤマの実家に帰ってきていた。
 15年前、母の律子が死んだのは3組の呪いなのかはわからない。
 お爺さん「律子も怜子も可哀想になぁ
 怜子「途中で止まったような気が…。夏休みに何かが…

⑮7月13日(月)
 3組の先生が発狂し、包丁を取り出す

5月1日、赤澤さん…
「冷たくない」というのが死者か判断する要素となっているのは
どうなの?体温で死者かどうかわかるなら、全員の体温をチェックすれば…

死者は卒業と同時に姿を消すのか…

榊原父の「1年半ぶりのヨミヤマ」という発言は…
本当に単なる勘違いなのか?
怜子の「途中で止まったような気が…。夏休みに何かが…」
というのも意味がわからない。

先生がその包丁で何をするつもりなのか?
生徒を殺すために取り出したのか、
自殺するために取り出したのか…それは次回わかることだな。

○妄想○
・98年の死者は榊原
・怜子の「止まった」というのは
 意識が無かった
 もしくは死んだという意味
・お爺さんの「律子も怜子も可哀想になぁ」という発言は
 怜子にも何かあったという意味
①15年前、3組の現象により
 交通事故か何かで律子は死亡、怜子は意識が無くなる。
 律子が死んだ時、榊原は実はまだ律子の
 お腹の中にいて生まれてなかった。
 (事故により生まれてこられなかった榊原も
  現象で死んだという判定がでる)
②15年前、3組の現象により
 交通事故か何かで律子と怜子は死亡。
 現在、怜子は死者としてヨミヤマへ。
 ※死者は必ず3ー3の生徒であるとは
  限らないと考えられるため
・1年半前に榊原父はお墓参りか何かで
 1人でヨミヤマへ来ていた。
 お墓参りには普通家族で行く。だから
 榊原父は榊原も一緒にヨミヤマへ来ていたと…

感想まとめ

みとくろブログ(仮) Another 1話「Rough sketch 素描」+2話「Blueprint 思惑」感想

みとくろブログ(仮) Another 第3話 Bone work-骨組-感想

みとくろブログ(仮) Another 4話「Put flesh-輪郭-」感想

みとくろブログ(仮) Another 5話「Build limbs-拡散-」感想

みとくろブログ(仮) Another 7話「Sphere joint-変調-」感想

みとくろブログ(仮) Another 8話「Hair stand -紺碧-」感想

みとくろブログ(仮) Another 9話「Body paint-連鎖-」感想

みとくろブログ(仮) Another 10話「Glass eye -漆黒-」感想

みとくろブログ(仮) Another 11話「Makeup -惨劇-」感想

みとくろブログ(仮) Another 12話「Stand by oneself -死者-」感想

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みとくろ

Author:みとくろ
性別:男
性格:見栄っ張り
特技:米粒に字が書ける
趣味:ゲーム
ドラクエ、パワポケ、サモンナイト、
テイルズシリーズが好きです。実は「ときメモ」も好きだったりします。
今後の購入予定ゲームは、
ロマサガ3リマスター

ひゃっほーいDQ11発売だー!今遊んでるFF12やアラアラを全部投げ出してDQ11(PS4/3DS)をガンガン遊ぶよ!マダンテの如く俺の自由時間全てをDQ11に捧げるぞ!
[あるす LV2 約6000G+序盤では結構良い防具+アクセサリーを持って始まる復活の呪文]
ろざも やびる りよきべ
びぶぼ ぴぺけ つぱいほ
げりむ ぱれと にねはわ
せぜば ぶぼぽ えこあす
にらけ

.hack//G.U.のHD化とか絶対買うよ!G.U.は敵の技発動中にこっちの技を喰らわすと技を中断させられるとか戦闘が面白かったし、キャラクターもストーリーも好きだった。3DSのVCでポケモン金銀がくるのか。これは配信されたらDLせねば。ポケモンは初代から遊んでるがポケモン金銀はシリーズで一番好きだった作品。金銀、HGSS>>初代=ルビサファ>>ダイパ以降の作品

vitaのWHITE ALBUM2(DL版)がセールで1080円と安かったので購入。そして購入後に10%offクーポンの存在に気づく(´;ω;`)。ダライアスバーストCS、ダントラ2-2とかまだクリアしてないソフトを終わらせてからやろう。CSのCSモードが全クリできる気がしない。ダントラ2-2が戦闘のバランスもキャラも良くて面白い。ここ数年で遊んだ3DダンジョンRPGでは断トツで好き。初回購入特典のスーパーナースキャップがめっちゃ便利。

タクティクスオウガ運命の輪をプレイ中。現在L(虐殺)ルート4章。使っているのは4職だけ、平均LV21。アーチャーの両手弓無双。TOほど弓が強いシミュレーションゲームはないのでは?デニムとかのぷーは基礎能力平均が60近く。1軍ユニットは良い感じで育ってる。オズマが仲間に。ところがテンプルコマンドの転職証がないため、気軽に転職させられない。ギルダス達みたいに専門職の転職証を持って仲間になってくれればいいのになぁ。ラスボスの時点で70時間以上プレイしてた。数年前の初回プレイで滅茶苦茶苦労したラスボスをロンバルティア装備したデニム(戦士LV24)で楽々撃破。今度こそ運命の輪を遊びつくしてやるぞーと思ってたけど1周クリアしたらなんか面倒になってしまった…

GBA「スパロボJ」を数年ぶりにプレイ。3周目クリア後のデータを引き継いで4周目。全パイロットの回避がレベルアップボーナスで+50~100されていた。この事から当時の自分が「回避率命!」という考えだったことがわかる。撃墜数1位は主人公(統夜)で約800、2位が約200…主人公を酷使しすぎ。当時はカティア派だったけど今はメルアも可愛いなぁなんて。

『white album』優しいメロディーが凄く良いね。white album2 クリスマス旅行まで進行。IC長いぞぉ長すぎるぞぉ…早く選択肢を選ばせろぉ、選ばせてくれぇ…

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR