ペルソナ4 20話「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」感想

ペルソナ4 20話
・天城屋旅館でお泊り

・男メンバーは訳ありの上部屋にお泊り

・露天風呂(男湯)で女子メンバーと遭遇
 女子からの物理攻撃&罵声に耐え
 その場に止まる勇気を発動。
 「仕方ないなあ…」→ 一緒に入浴
 とはならず被害増大。そして撤退。

 悪いのは男湯と女湯の入れ替わる時間を
 間違えた雪子達か、その場に止まり続けた鳴上達か?
 完二の鼻血は物理攻撃(桶攻撃)によって出たものなのか、
 女メンバーの裸を見て興奮したからなのか?
 …でも興奮して鼻血が出る人なんて見た事ないなぁ

・大浴場(女湯)に突入し
 再び物理攻撃と罵声を浴びる
 その場に止まる勇気発動せず即撤退

・菜々子から「痴漢」と呼ばれ傷つく鳴上とクマ

・女子メンバーの部屋に侵入
 「寝起きドッキリ」ならぬ「寝込みドッキリ」大作戦
 侵入した部屋にいたのは…柏木典子と大谷花子
 恐怖(貞操の危機)を感じたので撤退
 
・雪子コミュ
 TV局の人間 対 雪子
 旅館への気持ちの変化


勇気を振り絞ってこの場に止まる!」には笑わせてもらった。
雪子の笑いのツボはよくわからんなぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みとくろ

Author:みとくろ
性別:男
性格:見栄っ張り
特技:米粒に字が書ける
趣味:ゲーム
ドラクエ、パワポケ、サモンナイト、
テイルズシリーズが好きです。実は「ときメモ」も好きだったりします。
今後の購入予定ゲームは、
ロマサガ3リマスター

ひゃっほーいDQ11発売だー!今遊んでるFF12やアラアラを全部投げ出してDQ11(PS4/3DS)をガンガン遊ぶよ!マダンテの如く俺の自由時間全てをDQ11に捧げるぞ!
[あるす LV2 約6000G+序盤では結構良い防具+アクセサリーを持って始まる復活の呪文]
ろざも やびる りよきべ
びぶぼ ぴぺけ つぱいほ
げりむ ぱれと にねはわ
せぜば ぶぼぽ えこあす
にらけ

.hack//G.U.のHD化とか絶対買うよ!G.U.は敵の技発動中にこっちの技を喰らわすと技を中断させられるとか戦闘が面白かったし、キャラクターもストーリーも好きだった。3DSのVCでポケモン金銀がくるのか。これは配信されたらDLせねば。ポケモンは初代から遊んでるがポケモン金銀はシリーズで一番好きだった作品。金銀、HGSS>>初代=ルビサファ>>ダイパ以降の作品

vitaのWHITE ALBUM2(DL版)がセールで1080円と安かったので購入。そして購入後に10%offクーポンの存在に気づく(´;ω;`)。ダライアスバーストCS、ダントラ2-2とかまだクリアしてないソフトを終わらせてからやろう。CSのCSモードが全クリできる気がしない。ダントラ2-2が戦闘のバランスもキャラも良くて面白い。ここ数年で遊んだ3DダンジョンRPGでは断トツで好き。初回購入特典のスーパーナースキャップがめっちゃ便利。

タクティクスオウガ運命の輪をプレイ中。現在L(虐殺)ルート4章。使っているのは4職だけ、平均LV21。アーチャーの両手弓無双。TOほど弓が強いシミュレーションゲームはないのでは?デニムとかのぷーは基礎能力平均が60近く。1軍ユニットは良い感じで育ってる。オズマが仲間に。ところがテンプルコマンドの転職証がないため、気軽に転職させられない。ギルダス達みたいに専門職の転職証を持って仲間になってくれればいいのになぁ。ラスボスの時点で70時間以上プレイしてた。数年前の初回プレイで滅茶苦茶苦労したラスボスをロンバルティア装備したデニム(戦士LV24)で楽々撃破。今度こそ運命の輪を遊びつくしてやるぞーと思ってたけど1周クリアしたらなんか面倒になってしまった…

GBA「スパロボJ」を数年ぶりにプレイ。3周目クリア後のデータを引き継いで4周目。全パイロットの回避がレベルアップボーナスで+50~100されていた。この事から当時の自分が「回避率命!」という考えだったことがわかる。撃墜数1位は主人公(統夜)で約800、2位が約200…主人公を酷使しすぎ。当時はカティア派だったけど今はメルアも可愛いなぁなんて。

『white album』優しいメロディーが凄く良いね。white album2 クリスマス旅行まで進行。IC長いぞぉ長すぎるぞぉ…早く選択肢を選ばせろぉ、選ばせてくれぇ…

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR