Another 12話「Stand by oneself -死者-」感想

最終話「Stand by oneself -死者-」

最終話まとめ
合宿所 火事
死者狩りが中断し全員で逃げる。三神先生生存
望月&勅使河原はおばさんと鬼ごっこ

逃亡中の出来事
辻井、柿沼、渡辺、川堀の4人が天井から
落ちてきた照明の下敷きになる
有田、爆風に巻き込まれる
金木は何者かに刺されて死亡、松井は…
望月、勅使河原がおばさんに殺されかけるが千曳に助けられる

惨劇は続く
川堀は一人逃げ出し、今度こそ押しつぶされる
鳴と榊原はそれぞれ単独行動中
無事だった有田は千曳、望月、勅使河原と合流。
榊原のところに松井が助けを求めてやってくるが
松井も刺されて死亡。

金木と松井を殺したのは…
行方不明だった風見
「榊原君、この娘のこと憶えてる?…やっぱり違ったか。
 杉浦さんは君が死者だって言ってたけれど…僕は君が死者だと思うんだ。
 今年は5月から始まったんだろ?それなら5月に増えた奴が死者に
 決まってるじゃないか。 勅使河原に殺されかけてわかったんだ。
 死者を死に還さないと自分が死ぬ。お前さえ転校してこなければ
(桜木)ゆかりは死ななかった!お前がいない者に近づかなきゃ…」

赤沢
「馬鹿ね。恒一君は死者じゃないのに」
榊原を殺そうとした風見を赤沢が殴り倒す。
「風見君…あなた二人も殺しちゃったしね。
 生きててもしょうがないよね?介錯してあげる。
 ゆかりのところへ行きなさい」
風見に止めを刺そうとした赤沢を千曳が止める。
赤沢は千曳と口論した後、どこかへ行ってしまう。

外へ脱出
榊原は風見をおぶった千曳と外へ脱出する。
柿沼と辻井は生存。風見死亡?
榊原は電話をかけた後、鳴を探しに合宿所の中へ。

鳴と赤沢
合宿所の中で鳴と赤沢が対峙していた。
赤沢「この娘を殺さないと皆死んじゃう!
   恒一君だって死んじゃうかもしれない!」
榊原「違うんだよ、見崎は死者じゃない!」
赤沢「この娘を殺して災厄が止まらなければ認めてあげる!」
榊原が赤沢を止めようとするが投げ飛ばされる。
赤沢が鳴を殺そうとした時、榊原が赤沢に体当たりして阻止

赤沢は一瞬大人しくなるものの…
「どうしてよ…こんなに、
 こんなに守ろうとしてるのにどうしてよ。
 そんなに死にたいんなら一緒に殺してあげる!」

雷が落ち、窓ガラスが全て割れ、
無数のガラスの破片が空を舞う

赤沢と榊原(走馬灯?)
赤沢が榊原に初めて出会ったのは1年半前
出会ったきっかけは赤沢が蹴った缶が榊原にHITしたこと。
赤沢も榊原も大切な人を失っていた

赤沢負傷
ガラスの破片が赤沢の体中に刺さる
「1年半前、あなたに空き缶ぶつけたの憶えてる?」
榊原、首を横に振る。
「全く嫌になっちゃう。嘘でもいいから憶えてるよぐらい、言いなさいよ」
赤沢死亡

電話
榊原は何時の間にか
いなくなっていた鳴に電話。
鳴は裏庭に居るとのこと。
榊原は鳴のところにすぐ行くと言うが…
鳴「来ない方がいい。後悔するから」

榊原、鳴のところへ
榊原は裏庭へ。
そこには鳴と倒木の下敷きになっている誰かがいた。
榊原が下敷きになっている人を助けようとすると鳴が止める。
鳴「助けちゃダメ。色が…死の色が見えるから」
榊原「それは…今わかったの?」
鳴「前から…わかってたけれど言えなかった。でも、でもねもう止めなきゃ」
鳴は下敷きになっている人にツルハシで止めを刺そうとするが榊原が止める

死者の正体
「そんな、まさか、まさか嘘だろ?この人がもうひとり?
 本当に?本当にこの…」

三神先生怜子さんがもうひとりなの?」

夜見山北中学での決まりごとその4
「公私の別ははっきりつけること。
 校内では間違っても怜子さんなんて呼ばないように。
 学校ではあくまでも学校副担任の三神先生なんだからね」

足りない机
「この学校で他のクラスに副担任なんている?
 …いないの。副担任がいるのは学校中で3年3組だけ。
 今年は教室の机の数は足りていたの。
 なのに災厄は4月から始まってしまっていた。
 どうしてだと思う?机が一つ足りなかったのはね、
 職員室なの。榊原君そこどいて」

「僕が、やる」
鳴に代わって榊原が死者を死に還すことに。
「ごめんなさい、怜子さん」
しかしいざ怜子の前に立って怜子の怯える声を聞くと、
本当にツルハシを振り下ろすべきなのか榊原に迷いがでる。
「いいのか?本当にいいのか?本当にこれでいいのか?
間違っていないのか?もし間違えていたら僕は、怜子さんを…
見崎が言ったこと、眼の事も本当なのか?信じて良いのか?」

三神先生(怜子)の死
鳴「私思い出したの!三神先生が1年半前に殺されたところを私見てたの!」

赤沢「1年半前、あなたに空き缶ぶつけたの憶えてる?」
祖父「人が死ぬと葬式だな。葬式はもう堪忍。堪忍してほしいな。
    可哀想になぁ。律子も怜子もなぁ」

「さようなら、怜子さん。さようなら、お母さん」

死者が死に還って
榊原と鳴以外は三神先生のことを覚えていない。
8月の犠牲者は管理人夫妻を含めると10名。
(血まみれだった)前島、(薬が無かった)和久井は生存。
管理人夫妻は高林の母方の祖父母で
高林が死んでから精神状態が芳しくなかった。
三神先生は1年半前の秋(10月29日)に夜見山川沿いで
通り魔に刺されて死んでしまっていた。
一昨年の犠牲者は7名。
一昨年、赤沢の兄弟同然に育った従兄弟が死亡していた。

榊原にとって三神先生、怜子は特別な人だった。

望月から貰った写真には怜子は写っていた。
が怜子が見えるのは榊原と鳴だけ。
望月ですら怜子に気づかなかった。
鳴には写真の怜子に死の色が見えるらしい。

榊原「終わったんだよね」
鳴「 」

3年3組の後輩達へ(望月&勅使河原)
「これが災厄を止める方法だ。
 これをどう解釈するかは君達次第だ。
 ただよく考えて行動してほしい。
 ちゃんと考えて、周りの友達と相談して後悔しないように」




有田、金木、松井とか
火事の中で異常なほど落ち着いて
歩いてる人がいて驚いたわ。

風見があんなに狂った状態で再登場するとは…

永澄さんの回避スキルには及ばないけれども
榊原、鳴の物理攻撃回避スキルは凄い。
相変わらず鳴の落ち着きっぷりは異常。
赤沢さんから歩いて逃げようとしてなかった?

赤沢さんはそんなに悲惨な死に方ではなくて良かった。
死んでほしくなかったけれども…

榊原が赤沢との出会いを忘れていた理由は
赤沢と出会った時は怜子の葬式(?)で夜見山へ来ていた
=死者に関する記憶だから忘れていた ということだね。

怜子が死者なのではと前から思ってた。
でも三神と怜子が同一人物だとは気づかなかった。
雰囲気が違いすぎるから。

怜子は学生時代に災厄で死んだと予想していたら
1年半前に通り魔に刺されて死亡だった。
確かに学生時代に死んでいたら
あんなナイスバディー(?)な容姿で蘇らないか

「死者だとしてもやっぱり怜子さんを殺せないよ」
とか言う展開だと思ってたのに…
あんなにあっさりと殺してしまうとは思わなかったな。

死者を死に還しても、災厄が止まるのはその年度だけ…
翌年から再び3年3組に災厄が訪れる。
死者を死に還すというのは一時しのぎで根本的な解決にはならないんだよね。

もうあれだ…
今後、3年3組関係者が災厄で一人も死なないようにするには
毎年、鳴が左目で死者チェックして死者を始末するしかない。

最初Anotherは誰が死者なのか推理するアニメかと思ってた。
そしたら不思議な眼の力で死者をつきとめるアニメだった…
結局死者とか災厄とかよくわからなかったな

Anotherは次の展開を予想するのが楽しかったなぁ。
今期一番、毎週視聴が楽しみなアニメでした

(最終話真相) 実は…
皆、三神先生のことを覚えているし
写真の三神先生は普通に見えている。
つまり…三神先生は死者じゃなかった。
鳴には死の色が見えるというのは鳴の勘違いで、
1年半前の通り魔事件の被害者は三神先生に凄く似た人だった。
死者じゃないのに三神先生を殺してしまったなんて知ったら
榊原の気が狂ってしまうと思い、皆で口裏をあわせているのだった。
この先、榊原が三神先生を殺してしまったことを
忘れることは死ぬまでないだろう…

なんてことはないかな

BS11 毎週土曜日 
深夜3:00~3:30 2012年4月7日(土)~


感想まとめ

みとくろブログ(仮) Another 1話「Rough sketch 素描」+2話「Blueprint 思惑」感想

みとくろブログ(仮) Another 第3話 Bone work-骨組-感想

みとくろブログ(仮) Another 4話「Put flesh-輪郭-」感想

みとくろブログ(仮) Another 5話「Build limbs-拡散-」感想

みとくろブログ(仮) Another 6話「Face to face-二人-」感想

みとくろブログ(仮) Another 7話「Sphere joint-変調-」感想

みとくろブログ(仮) Another 8話「Hair stand -紺碧-」感想

みとくろブログ(仮) Another 9話「Body paint-連鎖-」感想

みとくろブログ(仮) Another 10話「Glass eye -漆黒-」感想

みとくろブログ(仮) Another 11話「Makeup -惨劇-」感想

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みとくろ

Author:みとくろ
性別:男
性格:見栄っ張り
特技:米粒に字が書ける
趣味:ゲーム
ドラクエ、パワポケ、サモンナイト、
テイルズシリーズが好きです。実は「ときメモ」も好きだったりします。
今後の購入予定ゲームは、
ロマサガ3リマスター

ひゃっほーいDQ11発売だー!今遊んでるFF12やアラアラを全部投げ出してDQ11(PS4/3DS)をガンガン遊ぶよ!マダンテの如く俺の自由時間全てをDQ11に捧げるぞ!
[あるす LV2 約6000G+序盤では結構良い防具+アクセサリーを持って始まる復活の呪文]
ろざも やびる りよきべ
びぶぼ ぴぺけ つぱいほ
げりむ ぱれと にねはわ
せぜば ぶぼぽ えこあす
にらけ

.hack//G.U.のHD化とか絶対買うよ!G.U.は敵の技発動中にこっちの技を喰らわすと技を中断させられるとか戦闘が面白かったし、キャラクターもストーリーも好きだった。3DSのVCでポケモン金銀がくるのか。これは配信されたらDLせねば。ポケモンは初代から遊んでるがポケモン金銀はシリーズで一番好きだった作品。金銀、HGSS>>初代=ルビサファ>>ダイパ以降の作品

vitaのWHITE ALBUM2(DL版)がセールで1080円と安かったので購入。そして購入後に10%offクーポンの存在に気づく(´;ω;`)。ダライアスバーストCS、ダントラ2-2とかまだクリアしてないソフトを終わらせてからやろう。CSのCSモードが全クリできる気がしない。ダントラ2-2が戦闘のバランスもキャラも良くて面白い。ここ数年で遊んだ3DダンジョンRPGでは断トツで好き。初回購入特典のスーパーナースキャップがめっちゃ便利。

タクティクスオウガ運命の輪をプレイ中。現在L(虐殺)ルート4章。使っているのは4職だけ、平均LV21。アーチャーの両手弓無双。TOほど弓が強いシミュレーションゲームはないのでは?デニムとかのぷーは基礎能力平均が60近く。1軍ユニットは良い感じで育ってる。オズマが仲間に。ところがテンプルコマンドの転職証がないため、気軽に転職させられない。ギルダス達みたいに専門職の転職証を持って仲間になってくれればいいのになぁ。ラスボスの時点で70時間以上プレイしてた。数年前の初回プレイで滅茶苦茶苦労したラスボスをロンバルティア装備したデニム(戦士LV24)で楽々撃破。今度こそ運命の輪を遊びつくしてやるぞーと思ってたけど1周クリアしたらなんか面倒になってしまった…

GBA「スパロボJ」を数年ぶりにプレイ。3周目クリア後のデータを引き継いで4周目。全パイロットの回避がレベルアップボーナスで+50~100されていた。この事から当時の自分が「回避率命!」という考えだったことがわかる。撃墜数1位は主人公(統夜)で約800、2位が約200…主人公を酷使しすぎ。当時はカティア派だったけど今はメルアも可愛いなぁなんて。

『white album』優しいメロディーが凄く良いね。white album2 クリスマス旅行まで進行。IC長いぞぉ長すぎるぞぉ…早く選択肢を選ばせろぉ、選ばせてくれぇ…

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR