ペルソナ4 25話「We Can Change The World」感想

最終話「We Can Change The World」
(この記事はまとめ98%感想2%で構成されております)

まとめ
足立と対決
「頑張ったって無駄だって。さっさと諦めりゃいいんだよ。
 現実に目を向けたって嫌なことばっかりで変えようが無いんだからさ。
 だったらそんなもん見ないで信じたいことだけを信じて生きたほうが良い。
 絶対そのほうが楽だろ?楽に生きられればそりゃいいぜ?
 現実なんて基本は退屈で辛いだけだろ?皆こんな世界認めてない。
 ただ否定する方法がないから耐えて生きてるだけだよ。
 上手くやれる奴は初めから決まってるのさ。
 才能ってチケットを持ってる、そこに気づいちゃったらもう絶望だけ。
 ゲームオーバーだ。だったらこんな現実ないほうがよくない?」
「お前らだっていずれわかるさ。どこまでいってもつまんねぇ現実。
 正直もういらないんだよ。世界が霧に飲まれて人間がシャドウに変わる。
 今怖がっている連中ほど本当は望んでる。
 だったらそいつらを導いてやるのが僕の役目だ」
「粋がるだけのガキは嫌だねぇ。不安で大声出したい気持ちはわかるよ。
 けどこっちは実際にそうだっていう経験談でものを言っているんだよ。」
「もうすぐだ。もうすぐ世界は一つになる」
「怖がることはないさ。こっちが現実になれば人間が皆一様にシャドウになるんだ。
 シャドウとして目を塞がれ生き続ける。それって今の現実と何が違う?
 むしろずっと楽になるはずだ。
 どんな奴だってせいぜい80年とかで終わるんだからさ。
 だったらシャドウになればもっと楽だろう?何も抑圧しなくてもいいし
 見ないふりどころか見なくていい。」
「思い出してみな?自分からでたシャドウのことをさぁ。
 今の自分なんかより何倍も活き活きしていたはずだよ?
 こいつらは本音のままに動いてるのさ。お前らが楯突くから暴れるんだよ」
「本物の銃を持てるからって警察に入ってみたけど正直大失敗。
 周りは馬鹿ばっかでさぁ。しかし君も諦めが悪いよねぇ。
 こんな危険な目にあってまで何がしたいんだい?
 人として当たり前の正義感?
 たんに退屈な日常に刺激が欲しいだけなんじゃないの?
 人を殺すことで充たされる犯罪者と一体どこが違うんだ?
 だらだらジュネスに集まっては推理ごっこしてさ。
 君が求めている真実とは何かキチンと考えたことあるかい?
 そんなもの誰が欲しているんだ?連続殺人事件の犯人は生田目。
 これが世間の真実だ。もし仮に僕が君らに捕まったとしたら
 どうなると思う?答えは簡単だ!群がる先がかわるだけさ。
 誰が犯人だって結局どうだっていいんだよ。
 これが君がずっと探してた真実さ」
「おいおい、人がせっかく教えてやってんのにガキはこれだから無知でうざいんだよ」
 
鳴上「そんなもの真実じゃない。茶番はうんざりだ。
   言い訳は聞き飽きた。どんなに都合の良いことを言っても
   お前の犯した罪は消えない!それが真実だ!」
直人「お前の理屈なんて全部子供以下の単なるワガママだ!
   人は一人では生きられない。社会と折り合うことを投げたら
   生き辛いに決まっている!」
足立「ガキに何がわかる!」
雪子「ガキはあなたよ!生きるのも面倒、死ぬのも嫌、
   人であることも放棄しようとしている、
   そんなの駄々を捏ねているだけじゃない」
足立「うるせえぇぇ」
花村「はっきり言っておくぜ!
   お前は選ばれたんでもなんでもない!
   ただのくだらねぇ犯罪者だ」
足立「黙れ!黙れ!黙れ!殺してやる!
   今までの奴らみたいに殺してやる!」
鳴上「お前は間違っている。自分の罪を認めろ」

足立「目障りなんだよガキ!黙って消されろよ
   俺を否定しないとお前らが立ってらんないんだろ!
   ガキが調子付いてんじゃ」
鳴上「俺達だって見たくない真実と闘ってここまで来たんだ」
足立「強がってんじゃねぇよ!
   なんも苦労してねぇケツの青い
   高校生に俺の何がわかるんだよ!」
鳴上「現実が最低なのはお前だけじゃない」
足立「なんなんだよ…殺してやる!俺が負けるはずねぇんだ!」
鳴上「現実と向き合え!」

鳴上たちの勝利
「なんだよ、つまんねぇ…
 まぁいいや。どうせあっちの世界は無くなる。
 戻るところなんてないし…。あーあ面倒くさいなぁ」

足立は自殺を図るが何者かに体を操られ失敗

ラスボス登場
「人間はことごとくシャドウとなる。
 そして一つになった世界に秩序の主として私がおりるのだ。
 こちら側も向こう側も共にほどなく
 永久に二度と晴れぬ霧に閉ざされる。
 私はアメノサギリ。霧を統べしもの。
 人の意に呼び起こされしもの。お前達が何者を挫こうとも」

「我が望みは人の望み。私は人の望みを前途へと導くもの。
 人自らが虚構と現との区別を否とした。それゆえ私は
 こちらの世界を膨張させると決めた。
 お前達は大衆の意をあおり熱狂させる良い役者であった。
 だがそれも終わりだ。お前達もすぐさまシャドウとなり
 現実を忘れ霧の闇の中でうごめく存在となるであろう。」

アメノサギリと対決
「ここは人の心の内にある無意識の世界。
 この世界は肥大した欲と虚構とによって生まれた
 うつろの森に飲み込まれる。」
「お前達の力とて元をたどれば、私がこの定めを招く
 先駆けとして授けたものだ。」
=テレビに入る力
「人は見たいものを見たいように見る。
 人々の見たいという心が集う世界。
 それが各々の望む通りに映る窓」
=マヨナカテレビ。
 メディアで映った人達が
 マヨナカテレビに映ったのは皆が見たいと思ったから?
「虚構を欲すれば欲するほど人はますます現実を求めなくなる。
 そして森は広がっていく。それがこの世界の膨張だ」
「自らを殺すはずだったシャドウを次々と制御し抗う力に変えてしまう素養。
 新しく不確かな覚醒。果たしてそれは賭けるにたる人の可能性にあるのか?
 私はお前達を試さなければならない。
 今こそ人は皆シャドウになり新の世界が始まる」
「何故お前はそこまで抗う?一人で何ができるのだ?人の絆など不確かなもの。
 信じるに値しない。現実など忘れてうつろの森にたゆたうことこそが
 人の選んだ道なのではないか?」

鳴上「違う。現実も悪くないってあいつらが教えてくれたんだ。
   皆がいたから俺はここまで来られたんだ。
   あいつらと一緒なら俺達は世界だって変えられる。俺達は諦めない」

鳴上のピンチ!全員のペルソナに変化が…

クマ「先生頑張るくま!」直人「先輩、頼りにしてますから!」
りせ「愛してるよ、先輩!」完二「がつんと一発決めてくれ!」
雪子「信じてる、鳴上君!」千枝「OK!世界は君に託した!」
花村「任せたぜ、相棒!」

「人の可能性をお前達は示した。我が望みは人の望み。
 人が望む限り私はいつでも現れよう。新たな可能性の子らよ」

仲間と力をあわせて勝利

足立と現実の世界へ
足立「行けよ。僕はもうダメそうだ。
   ここでシャドウにでも喰われてやるさ
   もともと、僕を殺しに来たんだろ?」
完二「違うよ。アホが」
花村「つまんねえ遊びは終わったんだ。
   生きて裁きを受けなよ。
   それが現実のルールってもんだろ?」
鳴上「帰ろう。足立さん」

皆で現実の世界へ

(春)お別れ
花村「いよいよだな」

菜々子「お兄ちゃん、嫌だ!いなくなっちゃうなんて…
    菜々子、将来お兄ちゃんと結婚する!
千枝、雪子、りせ、直人、堂島、花村、完二「!?」
クマ「?」
堂島「はっはっは。悠なら歓迎だ。言っておくが未成年のうち許さんぞ」
※堂島の目は笑っていない
鳴上「菜々子…泣かないって約束しただろ?」
堂島「部屋はあのままにしておく。お前も俺の家族だ」
鳴上「ありがとうございます」

クマ「先生。クマも帰るくまよ。
   これからはクマがあの場所を守るくま」

鳴上、皆に見送られながら稲羽市を去る

続き(true end)はBDで


ヒロインはやっぱり菜々子だったか。

鳴上が千枝と付き合っていた場合
→雪子とりせの気持ちを考えて悲しくなる
雪子と付き合っていた場合
→千枝とりせの気持ちを考えて悲しくなる
りせと付き合っていた場合
→千枝と雪子の気持ちを考えて悲しくなる
千枝、雪子、りせの3人については同じくらい好きだし、
鳴上が最後まで誰とも付き合わなかったのは良かったと思う。

ペルソナ4、面白かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みとくろ

Author:みとくろ
性別:男
性格:見栄っ張り
特技:米粒に字が書ける
趣味:ゲーム
ドラクエ、パワポケ、サモンナイト、
テイルズシリーズが好きです。実は「ときメモ」も好きだったりします。
今後の購入予定ゲームは、
ロマサガ3リマスター

ひゃっほーいDQ11発売だー!今遊んでるFF12やアラアラを全部投げ出してDQ11(PS4/3DS)をガンガン遊ぶよ!マダンテの如く俺の自由時間全てをDQ11に捧げるぞ!
[あるす LV2 約6000G+序盤では結構良い防具+アクセサリーを持って始まる復活の呪文]
ろざも やびる りよきべ
びぶぼ ぴぺけ つぱいほ
げりむ ぱれと にねはわ
せぜば ぶぼぽ えこあす
にらけ

.hack//G.U.のHD化とか絶対買うよ!G.U.は敵の技発動中にこっちの技を喰らわすと技を中断させられるとか戦闘が面白かったし、キャラクターもストーリーも好きだった。3DSのVCでポケモン金銀がくるのか。これは配信されたらDLせねば。ポケモンは初代から遊んでるがポケモン金銀はシリーズで一番好きだった作品。金銀、HGSS>>初代=ルビサファ>>ダイパ以降の作品

vitaのWHITE ALBUM2(DL版)がセールで1080円と安かったので購入。そして購入後に10%offクーポンの存在に気づく(´;ω;`)。ダライアスバーストCS、ダントラ2-2とかまだクリアしてないソフトを終わらせてからやろう。CSのCSモードが全クリできる気がしない。ダントラ2-2が戦闘のバランスもキャラも良くて面白い。ここ数年で遊んだ3DダンジョンRPGでは断トツで好き。初回購入特典のスーパーナースキャップがめっちゃ便利。

タクティクスオウガ運命の輪をプレイ中。現在L(虐殺)ルート4章。使っているのは4職だけ、平均LV21。アーチャーの両手弓無双。TOほど弓が強いシミュレーションゲームはないのでは?デニムとかのぷーは基礎能力平均が60近く。1軍ユニットは良い感じで育ってる。オズマが仲間に。ところがテンプルコマンドの転職証がないため、気軽に転職させられない。ギルダス達みたいに専門職の転職証を持って仲間になってくれればいいのになぁ。ラスボスの時点で70時間以上プレイしてた。数年前の初回プレイで滅茶苦茶苦労したラスボスをロンバルティア装備したデニム(戦士LV24)で楽々撃破。今度こそ運命の輪を遊びつくしてやるぞーと思ってたけど1周クリアしたらなんか面倒になってしまった…

GBA「スパロボJ」を数年ぶりにプレイ。3周目クリア後のデータを引き継いで4周目。全パイロットの回避がレベルアップボーナスで+50~100されていた。この事から当時の自分が「回避率命!」という考えだったことがわかる。撃墜数1位は主人公(統夜)で約800、2位が約200…主人公を酷使しすぎ。当時はカティア派だったけど今はメルアも可愛いなぁなんて。

『white album』優しいメロディーが凄く良いね。white album2 クリスマス旅行まで進行。IC長いぞぉ長すぎるぞぉ…早く選択肢を選ばせろぉ、選ばせてくれぇ…

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR